17音と短い俳句は、言葉を極限まで削ぎ落とし簡潔明瞭な世界を立ち上げる。その省略がことに鮮やかな句集が、立て続けに刊行された。  杉浦圭祐の第1句集「異地」(現代俳句協会)は、シンプルな言葉によるおおらかなリズムで原初的な感覚を呼び覚ます。