コロナ禍でオンライン授業など大学生の学習環境が変化したことを受け、琉球大学同窓会(幸喜徳子会長)は3日、西原町の同大で新入生40人に1人1台ずつノート型パソコンを贈呈した。  総予算は約600万円。年会費や寄付などで賄った。対象は奨学金制度申請者など家計が困窮している学生ら。