那覇港浦添ふ頭地区で10日、信管が付いた3インチ砲弾1発が見つかった。同日、那覇海上保安部や海上自衛隊が確認し、同保安部が発表した。

 同保安部によると、同日午前10時ごろ、港湾建設業者から「しゅんせつ工事で掘削した土砂から白い煙が出ている」などと通報があった。

 不発弾は沖合約1キロ、水深約10メートルの海域にある黄色いブイで囲われた那覇港内の水中保管場所に移動され、海中で保管されている。関係機関と調整の上、水中爆破処理される予定。