県出身の現役の医師であり、本屋大賞の常連候補ともなっている人気作家・知念実希人の最新ミステリー。医療の専門知識を生かしつつ、家族の絆を問うスリリングな展開で読者を最後まで引っ張っていく。  大学付属病院の女性医師で、外科から病理部へ出向中の千早は、唯一の家族である父をがんで亡くす。