沖縄地方は13日、高気圧に覆われ晴れた。気象庁のデータによると、八重山地方の竹富町波照間では同日午後2時37分、石垣市でも同日午後3時9分に、それぞれこの日の最高気温28.8度を観測した。いずれも5月下旬並みの気温で、石垣市では今年最高値を記録した。

干潟で遊ぶ祖父と孫=13日午後2時ごろ、沖縄県うるま市与那城照間(古謝克公撮影)

晴天の下、ビーチで遊ぶ親子=13日午後4時45分、豊見城市豊崎の「オリオンECO 美らSUNビーチ」(小宮健撮影)

干潟で遊ぶ祖父と孫=13日午後2時ごろ、沖縄県うるま市与那城照間(古謝克公撮影) 晴天の下、ビーチで遊ぶ親子=13日午後4時45分、豊見城市豊崎の「オリオンECO 美らSUNビーチ」(小宮健撮影)

 沖縄地方ではこの日、石垣市を含む4観測地点で今年の最高気温を記録した。沖縄本島のうるま市宮城島でも27.3度(午後1時28分)を観測。那覇市では同日午後1時28分に27度まで上がった。

 一方、13日午後4時現在で、日本列島のこの日の最低気温は、北海道勇払郡占冠(シムカップ)村のマイナス2.2度(午前5時8分)。列島の南と北では1日の気温の差が31度もあった。