埋め立て土砂に遺骨が混じる可能性がある問題を巡り、沖縄県議会は15日の臨時本会議で意見書を可決する見通しだ。土木環境委員会では「戦没者の遺骨等が混入した土砂を埋め立てに使用しないこと」との文案で、与野党がまとまった。