東京電力福島第1原発で増え続ける処理水の処分に関し、政府は13日、海洋放出の方針を正式決定した。2年後をめどに第1原発敷地内から放出に着手する。風評被害対策の具体化が急務となり、新たな関係閣僚会議が週内にも初会合を開く。