大手百貨店3社の2021年2月期決算が13日、出そろった。新型コロナウイルスの流行に伴う臨時休業や時短営業が痛手となり、大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングと高島屋は連結純損益が赤字に転落した。単体決算のそごう・西武も本業のもうけを示す営業損益が赤字となった。