写真館運営のスタジオアリスが13日発表した2021年2月期連結決算は、売上高が前期比6・5%減の363億円、純利益が約2倍の24億円だった。新型コロナウイルスの影響で撮影件数が減った一方、低価格商品の取りやめなどによる客単価上昇とコスト削減が寄与し、増益を確保した。