【エルサレム共同】イスラエル紙「ハーレツ」などは13日、複数の国防筋の話として、アラブ首長国連邦・フジャイラ沖でイスラエル関連の船舶が攻撃を受けたと伝えた。人的被害はなく、船舶の損傷は軽微。自力航行が可能で、フジャイラの港に入ったという。

 UAE沖で攻撃を受けたイスラエル関連の船舶=2020年10月、スロベニア(ロイター=共同)

 イラン中部で11日、イスラエルの犯行が疑われる核施設の破壊工作があり、イランは報復する考えを表明。イスラエル国防筋はイランの関与を確信していると語った。

 イスラエルメディアは、船舶はイスラエルの企業家が所有し、日本の大手海運会社にリースされていたと報じた。しかしこの会社は取材に船とは「全く関係がない」と説明している。(共同通信)