気象庁によると、14日午前3時、台風2号(スリゲ)が発生した。同日午前6時現在、カロリン諸島にあり、北西に10キロの速さで進んでいる。中心気圧は1002ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。

台風2号の進路図(気象庁HPから)

 台風はこの後、ほとんど停滞する見込み。あす午前6時には中心気圧994ヘクトパスカルに発達し、その後ゆっくり西に進むとみられる。19日午前3時には非常に強い勢力となり、フィリピンの東に達する見込み。

 この影響で、沖縄地方では14日昼前から波が高くなる。本島中南部・北部・久米島で午後3時~午前0時にかけて波の高さ3メートルの予測。

 沖縄地方20日までの向こう1週間は、期間の中頃までは気圧の谷や湿った空気の影響で曇りの日が多く、雨の降るところがある。期間の終わりは高気圧に覆われておおむね晴れる見込み。