全国の書店員が最も売りたい本を選ぶ「2021年本屋大賞」の受賞作が14日発表され、大賞に町田そのこさん(41)の「52ヘルツのクジラたち」(中央公論新社)が選ばれた。

 兵庫県尼崎市。中央右付近は阪神電鉄の尼崎駅

 町田そのこさん

 兵庫県尼崎市。中央右付近は阪神電鉄の尼崎駅  町田そのこさん

 発表会で登壇した町田さんは「(編集者や書店員ら)たくさんの人の思い、受け取ってくれた読者の皆さんのおかげ。私の力ではないと思う」と涙で声を詰まらせた。

 受賞作は、大分県の亡き祖母の家に移り住み、つらい記憶を抱えてひっそりと暮らしていた貴瑚と、親の虐待で口がきけなくなった少年の出会いと成長を丁寧に描いた。

 町田さんは福岡県在住。(共同通信)