鹿児島県・奄美大島で14日、海開きがあり、神事を執り行って海の安全を祈願した。奄美では毎年、旧暦3月3日の桃の節句に合わせて海開きをするが、新型コロナウイルス感染防止のため昨年に続いて今年も初泳ぎは中止された。

 海開きされた鹿児島県・奄美大島の浜辺で、女児の足を海水につける保護者ら=14日午前

 鹿児島県・奄美大島で執り行われた海開きの神事=14日午前

 海開きされた鹿児島県・奄美大島の浜辺で、女児の足を海水につける保護者ら=14日午前  鹿児島県・奄美大島で執り行われた海開きの神事=14日午前

 浜辺では、初節句を迎えた赤ちゃんの健康を祈って足を海水に浸したり、粘土板に手形や足形を取ったりする夫婦の姿もあった。

 海開きを主催したリゾート会社の奥篤次社長(73)は「行事は49年間続けており、コロナ終息も祈願した」と話した。(共同通信)