自分の身を挺(てい)してまで人を助けるような善良な人間になったと、飯山晃弘(いいやまあきひろ)は両親に知ってもらいたかったのではないか。  晃弘が両親の死を知らなかったとすれば、考えられる話だろう。