厚労省の新型コロナ専門家組織は、感染力の強い変異株について、5月前半には首都圏と東海地方でも主流になる可能性があるとの推計結果を明らかにした。(共同通信)