[戦後76年] 厚生労働省による戦没者遺骨のDNA鑑定で身元が特定された沖縄戦関連6件目の遺骨は、北海道出身の旧日本兵、金岩(かないわ)外吉(そときち)さん(享年21)であることが14日、分かった。同日、道内に住むおい2人の元を道職員が訪ね、遺骨を返還した。