14日午前0時半ごろ、那覇市赤嶺のトンネル工事現場で、「凝固剤が破裂し男性が顔面を負傷した」と現場の作業員から119番通報があった。作業員の男性(32)=糸満市=が頭蓋骨を折る重傷を負い、意識のない状態で本島南部の病院に搬送された。

(資料写真)救急車

 豊見城署と那覇市消防本部によると、トンネルを延ばす工事中、土砂にパイプを差し込み、凝固剤を注入していたところ、何らかの原因でパイプが破裂したという。