沖縄県議会(赤嶺昇議長)は15日午前、臨時本会議を開き、沖縄戦戦没者の遺骨を含む土砂を埋め立てに使わないよう求める意見書を全会一致で可決した。

意見書を全会一致で可決した沖縄県議会=15日、沖縄県議会

 沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」の具志堅隆松代表が、戦没者の遺骨が混じった土砂が名護市辺野古の新基地建設の埋め立てに使われる可能性があるとして、使用させないよう求めていた。

 意見書は、南部は国内唯一の「沖縄戦跡国定公園」に指定され、今も遺骨収集が続いていることに触れ、戦没者の遺骨が混じった土砂を埋め立てに使用することを「人道上許されない」とした。

 戦没者遺骨収集推進法に基づき、政府が主体となって、遺骨収集することも求めた。  意見書を巡っては、「辺野古新基地建設」や「本島南部」など、土砂の採取場所や、対象工事を限定する文言を入れるかどうかで、与野党で意見が割れた。

 最終的には「戦没者の遺骨を埋め立てに使うべきではない」という共通点でまとまった。「辺野古」は入れず、「南部」を残すことで与野党が歩み寄った。

 沖縄戦跡国定公園内にある糸満市米須で鉱山開発が計画されており、届け出を受けた玉城デニー知事は16日に自然公園法に基づき、開発に制限をかけるかどうか判断する見通し。