日銀の黒田東彦総裁は15日の支店長会議で、日本経済の現状について「新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」との認識を示した。感染拡大の「第4波」が経済や物価に与える影響を注視し「必要があればちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」と強調した。

 日銀の支店長会議に臨む黒田総裁=15日午前、日銀本店

 景気の先行きは、海外需要の回復や政府の経済対策に下支えされて「改善基調をたどる」と説明。ただ新型コロナの影響で、改善は「緩やかなものにとどまる」と語った。

 支店長会議は、各支店長からの報告に基づき、新型コロナの感染「第4波」が日本経済に与える影響を点検した。(共同通信)