河野太郎行政改革担当相は15日のテレビ朝日番組で、新型コロナウイルス禍での今夏の東京五輪・パラリンピックを無観客で開催する可能性に言及した。「開催できるやり方でやる。無観客になるかもしれない。いつもの五輪とは違う方法になるだろう」と述べた。

 河野太郎行政改革担当相

 新型コロナワクチンの高齢者向け接種を巡り「土日祝日に実施する意向を持つ自治体はあるが、夜間も考える必要がある。自治体と相談したい」と述べ、夜間の実施を調整する意向を示した。

 既に国内生産が決まっている英アストラゼネカ以外の海外の製薬企業が、国内生産を検討していることも明かした。企業名は示さなかった。(共同通信)