加藤勝信官房長官は15日の記者会見で、東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出処分について「専門家による国際原子力機関(IAEA)からの科学的な調査は歓迎する」と述べた。グロッシIAEA事務局長が専門家を日本に派遣する意向を示したことを受け言及した。

 記者会見する加藤官房長官=15日午前、首相官邸

 海洋放出に中国や韓国などから批判が出ていることに対しては「透明性のある科学的な根拠に基づく説明をしっかり行っていく必要がある」と指摘。IAEAによる調査は国際的な理解を得る上で効果的との認識を示した。(共同通信)