沖縄タイムス+プラス ニュース

募った食料品を1000世帯に配布へ 宜野湾市役所で4月29日午前10時から

2021年4月16日 20:04

 宜野湾市社会福祉協議会(多和田眞光会長)は29日、新型コロナ対策支援事業の一環として、市役所玄関前でフードドライブで募った食料品を千世帯に配布する。時間は午前10時から午後4時までの予定(食料品がなくなり次第終了)。

食料品配布に向けて話し合いをした関係者=8日、宜野湾市社会福祉協議会

 8日、市自治会会長会、民生委員児童委員会、市老人クラブ連合会、婦人連合会などが集まり、当日までの役割分担などを確認した。29日の配布までに集まった食料品を仕分けて袋詰めの作業を行うほか、のぼりや広報誌、SNSなどで周知する。

 8日の集まりで、多和田会長は「コロナ禍の影響で食料品を必要とする世帯の支援のため関係機関の協力は欠かせない。賛同していただき感謝する」とお礼を述べた。

 感染対策のためドライブスルー方式で配布する予定だが、徒歩で訪れる人のための対応も準備する。

 市社協のホームページでも詳細が確認できる。問い合わせは市社協、電話098(892)6525。(翁長良勝通信員)

連載・コラム
記事を検索