東京消防庁によると、東京都新宿区の地下駐車場の消火設備が誤作動した事故で、消防隊員が計測した場内の二酸化炭素濃度は約20%だった。通常の数百倍だったとみられる。(共同通信)