沖縄市、うるま市で「上間沖縄天ぷら店」7店舗を運営する上間フードアンドライフ(沖縄市)が、全県展開を目指している。2021年度中に両市で4店舗の開業を予定。22年度以降は北部、南部に進出し、5年で30店舗へ拡大する。26年度に東証マザーズへの上場も視野に入れる。19年から沖縄ファミリーマートと連携し、県内329店の大半で天ぷらを提供。広域の販売データを得ることで、中部以外へ規模拡大が可能な需要があると判断した。上間園子社長(34)は「あちこーこーの天ぷらを全県に届けたい」と意欲を示す。(政経部・川野百合子)

▼関連:新社長に34歳の上間園子氏 36歳の兄・喜壽氏は会長に

 同社は9日、うるま市に「上間沖縄天ぷら店」の石川店を開業した。...