沖縄県教育委員会は15日、2月22、26日の授業中に缶酎ハイを1本ずつ飲酒したとして、本島南部の小学校の男性教諭(51)を減給の懲戒処分にしたと発表した。3カ月間、月給の10分の1を減額する。

(資料写真)黒板

 小学3年生の授業中、児童が個別の課題に取り組んでいる間に酒を飲んだという。2回目の飲酒をした同26日に児童が目撃し、他の職員に伝えて発覚。校長が男性教諭に事実を確認したところ、22日も飲酒したと自ら認めたという。

 金城弘昌教育長は「教育公務員としてあるまじき行為で大変遺憾に思う。再発防止と信頼回復に努めていく」とのコメントを出した。