平沢勝栄復興相は16日の記者会見で、復興庁が東京電力福島第1原発処理水に含まれる放射性物質トリチウムをキャラクター化してウェブサイトで公開し、批判が相次いだ問題で「分かりやすく表現するつもりだったが、不安や懸念を持つ方がいるなら本意ではない」と釈明した。経緯を検証し、公開したチラシや動画の修正版を近く公開するという。

 キャラは、処理水の海洋放出決定に合わせた風評払拭事業の一環で13日に公開したが「福島が抱える現実の厳しさと感覚が、ずれている」などと批判を受け、14日夜に公開を休止した。

 平沢氏は公開までの経緯に問題がなかったか検証する考えを示した。(共同通信)