【中部】米軍嘉手納基地で16日、外来機のAC130J攻撃機が離着陸する様子が確認された。3月29日に同基地へ飛来して以降、離着陸が確認されるのは初めて。沖縄近海の空域で訓練をしたと見られる。

嘉手納基地を離陸するAC130J攻撃機=16日午後0時50分ごろ、嘉手納基地(読者提供)

嘉手納基地を離陸するAC130J攻撃機=16日午後0時50分ごろ、嘉手納基地(読者提供)

嘉手納基地を離陸するAC130J攻撃機=16日午後0時50分ごろ、嘉手納基地(読者提供) 嘉手納基地を離陸するAC130J攻撃機=16日午後0時50分ごろ、嘉手納基地(読者提供)

 目撃者によると、16日午後0時50分ごろに離陸。同5時ごろ着陸した。

 同基地では12~16日まで即応訓練が実施され、米軍機やサイレン音などによる騒音が発生した。嘉手納町の騒音測定によると、屋良局の98デシベル(16日午前9時ごろ)が最大だった。70デシベルを超える騒音は、同局で14、15両日に90回観測された。

 町には12~16日までに、騒音などの苦情が計26件寄せられた。