【ワシントン、モスクワ共同】バイデン米大統領は15日、新たな対ロシア制裁を踏まえホワイトハウスで演説し「ロシアが米国の民主主義への介入を続けるなら、さらに行動を起こす用意がある」と追加制裁を警告した。両国には世界を安定させる責務があるとして対立緩和に向けた行動を求めた。