小崎登明さん(おざき・とうめい=長崎の被爆者、カトリック修道士、本名田川幸一=たがわ・こういち)15日午後6時48分、すい臓がんのため長崎市の聖フランシスコ病院で死去、93歳。朝鮮半島生まれ、本籍は長崎市。葬儀・告別式は近親者のみで行う。