東芝が、19日に開く取締役会で、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズからの買収提案について協議を見送ることが17日分かった。CVCが16日夕までに具体的な買収計画を提示しなかったためだ。

 東京都港区のビルに掲げられた東芝のロゴ=2017年6月

 CVCが6日に行った初期提案には、10日程度で具体的な計画を示す方針を明示していた。

 一方、CVCは東芝の株式上場を取りやめる非公開化を検討しているが、東芝は拒む方向だ。CVCは敵対的な買収を避けたい意向で、東芝の否定的な姿勢が対応に影響している可能性がある。

 CVCは買収後も車谷暢昭前社長の続投を前提としていた。退任により具体案の大幅な修正を迫られている。(共同通信)