沖縄タイムス+プラス ニュース

FC琉球、東京ヴェルディに2-0勝利 開幕8試合負けなし 球団記録を更新

2021年4月17日 18:58

 サッカー明治安田生命J2第8節第1日は17日、各地で10試合が行われた。2位のFC琉球はタピック県総ひやごんスタジアムで10位の東京ヴェルディに2―0と快勝した。琉球は開幕から8試合負けなしのJ2球団記録を更新した。勝ち点で並ぶ首位のアルビレックス新潟が3位のツエーゲン金沢に勝ったため、得失点差で2位のまま。

琉球―東京V 後半23分、琉球のMF富所悠がPKで2点目を決める=タピック県総ひやごんスタジアム

前半41分、東京VのMF佐藤優平が相手選手の下腹部を蹴り、「著しく不正なプレー」としてレッドカードを受け、退場となる

琉球―東京V 後半23分、琉球のMF富所悠がPKで2点目を決める=タピック県総ひやごんスタジアム 前半41分、東京VのMF佐藤優平が相手選手の下腹部を蹴り、「著しく不正なプレー」としてレッドカードを受け、退場となる

 琉球は3試合連続の無失点。J3だった2015シーズン以来6季ぶりで、J2での球団記録を塗り替えた。琉球は東京Vに3連勝。

 丁寧にパスをつないで攻めるタイプ同士の戦い。前半はほぼ互角の展開でチャンスをつくり合った。前半41分に東京VのMFが一発退場してからは琉球が主導権を握った。

 1人少ない東京Vに対し、後半は琉球が完全にボールを支配。同17分に均衡が破れた。左サイドバック沼田圭悟のクロスを逆サイドでMF風間宏矢が折り返し、中央からDF田中恵太が左足インステップを振り抜いた。ボールは低い弾道でゴールネットに突き刺さった。

 攻撃姿勢を緩めない琉球は同23分にMF富所悠がPKを落ち着いて決めて2―0とリードを広げた。富所は今季初ゴール。会場には2308人が訪れた。

 次節は21日午後7時から町田GIONスタジアムでFC町田ゼルビアと対戦する。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索