【ウィーン共同】ウィーンで続く米国とイランの間接協議で、イランが5月中旬までに核合意再建に向けた暫定合意を目指していることが17日、複数のイラン高官の話で分かった。米国の対イラン制裁解除とイランの核開発制限を同時に進める行動計画を盛り込む。米国に対しては、欧州を通じ、解除できる制裁のリストを早期に提出するよう要求している。

 イラン・ナタンズのウラン濃縮施設=2005年3月(ロイター=共同)

 イランは16日、濃縮度60%のウラン製造を始め、制裁解除を急ぐよう圧力を強めた。90%の核兵器級に近づく挑発だが、製造量を少量に抑える配慮を見せ、間接協議は続ける方針。ただ米国は懸念を示しており、思惑通りに交渉が進むかは不透明だ。(共同通信)