【宮古島】働く意欲のある高齢者の就業を支援する厚生労働省の「生涯現役促進地域連携事業」に3月31日、宮古島市生涯現役促進協議会(会長・座喜味一幸市長)が採択された。市役所で4月8日、同意書交付式があり、宮古公共職業安定所の阿部祐士所長が座喜味市長に同意書を手渡した。