【平安名純代・米国特約記者】日米首脳会談で、両首脳が「唯一の解決策」と確認した名護市辺野古の新基地建設は、米政府の調査機関などから完成を困難視する報告が相次いでいる。大浦湾側に見つかった軟弱地盤の影響で工期が大幅にずれ込み、工費も膨れ上がるためだが、両政府は現行計画に固執している。