木村草太の憲法の新手

生活扶助基準違法判決 裁判所の積極判断を評価 ゆがみ調整是認は疑問

2021年4月18日 08:34有料

[木村草太の憲法の新手](150)

 今年2月22日、大阪地裁は、2013年に行われた生活扶助基準引き下げを違法とする判決を出した。

 憲法25条1項は国民に「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する。これを実現するため制定されたのが生活保護法だ。生活保護には、衣料や食品等の日常の生活費(生活扶助)、住宅扶助、教育扶助など合計八つの扶助項目がある。生活扶助の基準は、厚生労働大臣が決定し、5年ごとに見直される。

 1974年度以降、生活扶助基準は、生活保護を利用しない一般国民の消費実態とのバランスによって決定されてきた。これを「水準均衡方式」という。13年の改定は、従来の水準均衡方式で算出された金額に、(1)ゆがみ調整と(2)デフレ調整を施して算出された。

 では、(1)ゆがみ調整とは何か。生活扶助基準は、年齢・世帯人員・居住地別に定められている。各グループの扶助基準を、一般低所得世帯(生活保護を利用しない世帯の中で最も所得の低いグループの世帯)の消費支出と比べると、均衡している部分もあれば、高い部分、低い部分もあった。厚労省は、各グループの基準額の比率を、一般低所得世帯の消費支出の比率に合わせて改訂した。

 (1)ゆがみ調整では、年齢等の要素による「比率」は調整されるが、「金額」そのものは調整されない。基準額を一般低所得世帯の消費支出に合わせたいなら、金額も消費支出額を基準に決めればよいはずだ。ところが厚労省は、独特の方法で計算した08年から11年の物価下落率を用いて金額を算定した。これが(2)デフレ調整だ。

 判決は、(2)デフレ調整には次のような問題があると指摘し、13年の改定は違法だと認定した。第一に、08年は、世界的に原油価格・穀物価格が高騰した。しかし、その物価高に合わせて生活保護基準額が改訂された事実等はなく、この年を物価変動の基準点とする理由が乏しい。第二に、厚労省は教養娯楽項目の物価下落の影響が増幅される計算方式を採用した。しかし、生活保護世帯では一般世帯に比べ教養娯楽費の支出割合が低く、合理的な計算ではない。

 判決が問題視した(2)デフレ調整は、原告側も強く問題としてきた点だ。生活保護基準の決定は、厚労省の専門的判断を尊重すべき事項とされてきたから、裁判所が踏み込んだ判断をしたことは高く評価されるべきだ。

 ただ、(1)ゆがみ調整を是認した点には疑問が残る。水準均衡方式を採用するなら、一般低所得世帯ではなく、一般世帯全体との均衡を図るべきではないか。というのも、一般低所得世帯には、本来、生活保護を受けるべき世帯も多く、「健康で文化的な最低限度の生活」には足りない可能性がある。

 また、消費実態とのバランスで基準を決定する水準均衡方式を採用するならば、消費金額のみに着目すべきではないか。物価変動を加味する(2)デフレ調整という手法を付加すること自体に、合理性がないように思われる。

 同様の訴訟は、全国各地で提起され、国側が勝訴したものもある。訴訟を通じて、生活保護基準決定の透明性が高まることに期待したい。(東京都立大教授、憲法学者)

人気連載「憲法の新手」が本になりました!

沖縄タイムスでの好評連載をまとめた第2弾。2017年1月から19年3月までを収録。改憲論議、児童虐待、文書管理、デマとの対峙、県民投票など多岐にわたる事象を、憲法学の観点から論じる。

■木村草太 著
■四六判/211ページ

ご注文はこちら

連載・コラム
記事を検索
注目コンテンツ
復帰のエピソードお寄せください
復帰のエピソードお寄せください
日本復帰にまつわる体験や、半世紀を振り返っての思いなどをお寄せください。
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
SDGs企画「未来へ#いのちを歌おう」
Kiroro玉城千春さんが沖縄県内の小・中学校を訪ねて、夢、命の尊さを届けます。
不器用トーク・アーカイブ
不器用トーク・アーカイブ
不器用トークのアーカイブページです。毎月1回、まさに今、現場で取材している記者たちが、それぞれのテーマについて熱く語ります。
楽でお得でポイント高し!
楽でお得でポイント高し!
「オール電化」はセイカツをどうカエルのか?護得久栄昇先生がオール電化生活の安心・お得な魅力を探った。
”コトバチカラ”特設サイト
”コトバチカラ”特設サイト
人々を勇気づけるアスリートのコトバを発信している特設サイト
命ぐすい 耳ぐすい
命ぐすい 耳ぐすい
沖縄県医師会の各分野の医師による医療・健康に関するコラム
胃心地いいね
胃心地いいね
沖縄タイムスの各市町村担当の記者が、地域で話題のお店や人気グルメを食べ歩きます。
アクロス沖縄
アクロス沖縄
東京発 各分野で活躍する情熱県人らを紹介
ワールド通信員ネット
ワールド通信員ネット
世界各国の沖縄県系人の話題を中心に、海外通信員が各地のニュースをお届けします
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
マンガ家大城さとしが行く!沖縄のじょ~と~企業探訪
おばあタイムスでおなじみのマンガ家・大城さとしさんが長編マンガで沖縄の企業を紹介するシリーズ企画です。