東京都新宿区のマンション地下駐車場の消火設備から二酸化炭素(CO2)が放出され、男性作業員4人が死亡した事故で、警察官らが現場に到着した際、火災報知機に複数ある感知器のカバーが外れていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。