[解説] ヘイトスピーチ規制条例を「必要」と考える沖縄県内市町村が6割に上ることが県の調査で分かった。街頭やインターネット上の深刻な差別扇動は長く放置されてきたが、対応すべきだとの認識が行政にもようやく浸透している。