[「防人」の肖像 自衛隊沖縄移駐50年](18) 第2部 浸透の境界線 自衛官になってみて(上) 今月1日に沖縄県那覇市で中央消防署長となったばかりの新城敏行さん(57)=浦添市=は、18歳から22歳まで優秀な陸上自衛官だった。なぜ入隊し、転身したのか。 話は1982年にさかのぼる。