共同通信 ニュース

マリナーズが首位浮上 レッドソックスは1位キープ

2021年4月19日 14:40

 【ロサンゼルス共同】米大リーグは18日、第3週を終了し、ア・リーグ西地区は菊池が所属するマリナーズが10勝6敗で首位に浮上した。大谷のエンゼルスは0・5ゲーム差の2位に後退。有原のレンジャーズは首位と3ゲーム差の最下位。

 東地区は沢村のレッドソックスが10勝6敗で首位を守った。筒香のレイズが2ゲーム差の2位。中地区は前田のツインズが6勝8敗で、首位ロイヤルズと3ゲーム差の4位。

 ナは西地区でドジャースがメジャー最高勝率の13勝3敗で首位をキープし、ダルビッシュのパドレスは3位で追う。中地区は秋山のレッズが9勝6敗、東地区はメッツが7勝4敗でいずれも1位。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索