沖縄タイムス+プラス プレミアム

[有釣天]人気の勝連漁港でコチ

2016年12月3日 11:20

 勝連漁港周辺は、冬場はタチウオにシルイチャー、クブシミなどが釣れ、早朝と日没後にひっきりなしに釣り人が訪れる人気エリア。港の外側に設置された沖堤防周辺が特に狙い目で、海底の岩場が見える透き通った場所でいろいろなドラマが生まれる。

伊計島で60.5センチ、5.86キロのゴマモンガラを釣った泡瀬小学校3年生の生田龍二君=11月26日

勝連漁港近くで66センチ、2・3キロのコチを釣った柏木孝太君=11月17日

屋我地で53センチ、2・7キロのチンシラーを釣った上原義彦さん=11月27日

塩屋で67・5センチ、6・67キロのマクブを釣った阿波根孝夫さん=11月20日

塩屋の海岸で46.1センチ、1.6キロのチンシラーを釣った比嘉正志さん=11月23日

浜崎漁港でアーガイを釣ったテトラポッツの前當慎也さん=11月27日

PE0・6号のラインでクブシミ1・6キロを釣った魚住治朗さん=11月17日

那覇一文字で49センチ、1・89キロのアーガイを釣った平良一郎さん=11月26日

伊計島で60.5センチ、5.86キロのゴマモンガラを釣った泡瀬小学校3年生の生田龍二君=11月26日 勝連漁港近くで66センチ、2・3キロのコチを釣った柏木孝太君=11月17日 屋我地で53センチ、2・7キロのチンシラーを釣った上原義彦さん=11月27日 塩屋で67・5センチ、6・67キロのマクブを釣った阿波根孝夫さん=11月20日 塩屋の海岸で46.1センチ、1.6キロのチンシラーを釣った比嘉正志さん=11月23日 浜崎漁港でアーガイを釣ったテトラポッツの前當慎也さん=11月27日 PE0・6号のラインでクブシミ1・6キロを釣った魚住治朗さん=11月17日 那覇一文字で49センチ、1・89キロのアーガイを釣った平良一郎さん=11月26日

 11月17日のお昼、お父さんと釣りに出掛けた宮里小5年の柏木孝太君は、タチウオに照準を合わせ15グラムのジグヘッドにイナズマダートのワームをセッティング。3投目、海底付近でワームがひったくられた。首を左右に振り、特徴ある逃げ方をする魚とのスリリングなやりとり。グロテスクな外見とおいしい白身のギャップが人気のコチをゲットした。

 伊計島の海岸線にあるなだらかな岩場が続くポイント。泡瀬小学校3年生の生田龍二君がお父さんと一緒にタマン狙いに足しげく通うエリアだ。11月26日のお昼に、ピトンを使って3本の竿(さお)を並べてシガヤーダコの餌を遠投。午後1時30分、いきなり道糸からリールが引き出される。すごいスピードで全く止まる気配をみせない動きに目を丸くしたが、親子で協力して取り込んだのは60・5センチ、5・86キロのモンガラカワハギだった。(名嘉山博 釣りPower)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

前の記事へ 次の記事へ
連載・コラム
きょうのお天気
アクセスランキング
ニュース 解説・コラム
24時間 1週間