国立病院機構三重病院(津市)は19日、国内で新型コロナウイルスの予防接種後に女性を中心に重いアレルギーが発生したことを受け、原因究明のため発症した人への聞き取り調査を始めると発表した。同病院の長尾みづほ医師らが中心となり、病院のウェブサイトで協力を呼び掛けている。

 接種後にアナフィラキシーなどアレルギー症状が生じた人を対象に、薬や化粧品など日用品の使用状況について200人を目標に聞き取りする。検査できる人は、ワクチンの成分に対する血液や皮膚の反応を調べる。(共同通信)