フォーモストブルーシール(浦添市、山本隆二社長)と沖縄県本部町(平良武康町長)などは19日、町役場で会見し、やんばる産の果物「カーブチー」と「アセロラ」を使用したアイス「やんばるダブルシャワー」を26日から町内を中心に販売すると発表した。生産者や加工業者などが協力した。同社が自治体と商品開発をするのは初めて。

やんばるダブルシャワー(フォーモストブルーシール提供)

「やんばるダブルシャワー」をPRする(左から)本部町の平良武康町長、フォーモストブルーシールの山本隆二社長、同社の荒木定明・代表取締役会長、沖縄美ら島財団の花城良廣理事長=19日、本部町役場

やんばるダブルシャワー(フォーモストブルーシール提供) 「やんばるダブルシャワー」をPRする(左から)本部町の平良武康町長、フォーモストブルーシールの山本隆二社長、同社の荒木定明・代表取締役会長、沖縄美ら島財団の花城良廣理事長=19日、本部町役場

 カーブチーとアセロラを使った甘酸っぱく爽やかなシャーベットのような舌触りで、シングルのレギュラーサイズ350円~(税込み)。町内の観光地やホテル、飲食店などで販売する。初年度は町内で3万食の売り上げを目指す。将来的には県内外での販売を目指すという。売り上げの一部は「本部町子ども・子育てゆいまーる基金」に寄付される。

 平良町長は「カーブチーとアセロラという希少価値の高い品目で、新しい商品ができたことをうれしく思う」とあいさつした。

 問い合わせはフォーモストブルーシール、電話098(877)5107。