東芝は19日の定時取締役会で、英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズの買収提案に関する本格的な協議を見送った。CVCから具体的な計画が示されていないためで「初期提案は検討に値しない」(幹部)との立場だ。一方のCVC側は「ノーコメント」を貫いており、両社のにらみ合いが続く。