不動産経済研究所が19日発表した2020年度の首都圏1都3県の新築マンション発売戸数は、前年度比1・7%増の2万9032戸だった。増加は3年ぶり。新型コロナウイルス下の在宅勤務の広がりなどで郊外物件の人気が出た。