【ロンドン共同】英政府は19日、米半導体大手エヌビディアがソフトバンクグループ(SBG)から英半導体開発大手アームを買収する計画を巡り、安全保障上の懸念を理由に調査すると発表した。製品やサービスの価格上昇など競争環境に与える影響も調べる方針で、競争当局が7月30日までに報告書を作成する。

 半導体は電子機器に搭載され、人工知能(AI)や第5世代(5G)移動通信システムといった先端技術のほか、防衛産業でも広く使われている。ダウデン・デジタル相は声明で「外国からの投資を歓迎したいが、国家安全保障への影響を適切に考慮することは適切だ」との考えを示した。(共同通信)