【うるま】戦後75年を迎える沖縄や東京を舞台にした長編映画「風が通り抜ける道」(田中壱征監督)の撮影がこのほど、うるま市みどり町のダンススタジオであった。田中監督の指揮のもと、選ばれた8~22歳の14人のダンサーが踊るシーンを撮影した。