「米兵は沖縄から撤退すべきか」。1995年の米兵暴行事件後、駐日米大使だったモンデール氏は思い詰めていた。沖縄で燃え上がった事件への怒りと反基地感情を、深刻に受け止めた。「少なくとも駐留を大幅削減すべきでは」▼引き留めたのは日本側だった。