共同通信 ニュース

欧州新リーグ、撤退続々 サッカー、早くも頓挫か

2021年4月21日 20:22

 【ロンドン共同】サッカーの強豪クラブによる欧州スーパーリーグへの参加について、イングランド・プレミアリーグのリバプールなど全6クラブが20日、一転して撤退を表明した。21日にはイタリア1部(セリエA)のインテル・ミラノとスペイン1部のアトレチコ・マドリードも不参加を決め、18日に3カ国の12クラブが創設に合意した新リーグは早くも頓挫する見通しとなった。

 リバプールの本拠地アンフィールドに掲げられた欧州スーパーリーグへの参加に抗議する横断幕=20日(AP=共同)

 イングランドはリバプールのほかマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、マンチェスター・シティー、チェルシー、トットナム。新リーグには合意発表の直後から「利己的だ」などと批判が殺到していた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

連載・コラム
記事を検索
アクセスランキング