沖縄タイムス+プラス ニュース

仲井真前知事も出席 沖縄基地負担軽減で議員有志の会

2016年12月4日 10:11

 山口県岩国市など全国の16市議会議長らでつくる「沖縄の基地負担軽減を考える議員有志の会」は3日、那覇市の青年会館で第1回沖縄協議会を開催した。県内外の議員が、沖縄の米軍基地負担の軽減を考える全国的な活動を展開する決議を採択した。

沖縄の基地負担軽減を全国で考える活動に向けた決議を読み上げる山口県岩国市議会の桑原敏幸議長(中央)=3日、那覇市・青年会館

 代表世話人を務める桑原敏幸岩国市議会議長は「岩国市は9年前に近隣市町村と基地問題議員連盟を立ち上げ、沖縄の基地負担軽減を考えてきた。今回は有志の会を立ち上げ、日本全体で考える一歩にしたい」と決意を表明した。

 会合後、記者団に対し米軍普天間飛行場返還問題について「移設先は名護市辺野古も選択肢の一つだろうが、国が考えることだ。私たちは米軍機の全国への訓練の分散移転など、何ができるかをオールジャパンで議論したい」と述べた。

 若宮健嗣防衛副大臣も会合に出席し「素晴らしい取り組みが全国に広がってほしい。沖縄の負担軽減は内閣の最重要課題としてできることは全て行う」と述べ、年内の北部訓練場の過半の返還、普天間を含めた嘉手納基地より南の基地の返還の実現に取り組む考えを強調した。

 会合には照屋守之自民党県連会長、仲井真弘多前知事らも参加した。

「沖縄の基地問題」もっと詳しく。有料会員ならこんな記事も読めます。

 「翁長が恋しいです」流れ呼んだ妻の訴え 沖縄県知事選

 住宅の上を飛ばないで…「これってそんなに難しいお願い?」

 基地維持に「沖縄差別」を利用する米国 日本人の沈黙が支える過重負担

購読者プラン/デジタル購読者プランの会員なら、電子新聞も有料記事も読み放題! 


これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS