琉球銀行は20日、名護市が実施した「みらい2号館」の電源設備更新事業を担う特別目的会社(SPC)に対し、約2億円を融資したと発表した。民間の資金やノウハウを使い、公共施設などを運用するPFI事業で、SPCにはビルメンテナンス事業の沖縄ダイケンも7700万円を出資している。